Craft 仲間たちとモノづくり・コトづくり 神奈川 応援エール \地域応援 /

2021/09/01
\ 神奈川応援エール / 伊勢原市 ”大山の麓で鳥獣被害に立ち向かう農家を応援するビール”をつくります! 【その2】

神奈川応援エールを仕込みます☆彡

 

 

いよいよ平塚市のブリュー・パブ「YGGDRASIL BREWING(イグドラジルブルーイング)」さんで伊勢原の石黒農家で摘んだ“摘果みかん”を使ったクラフトビールの製造をはじめます。

 

 

 

今回目標とするビアスタイルは、醸造担当のYoheiさんに指南いただき、「摘果みかんのすっぱい果汁を入れることを想定しながら、みかんの皮(ピール)の香りも活かした『青みかんセッションIPA』に仕上げるのが目標です!

青みかんのさわやかな香りを感じていただきたくて、且つ、複数ホップで味わい深く仕上げるIPAの苦味を抑えて、軽快に、グイっと飲んでいただける微妙なラインを目指します。 …とても楽しみなチャレンジです。

 

 

 

ビールづくり道 / その1
“麦芽の糖化(マっシング)”

今日は、本活動の発起人でもあるLiving Bar Jinseiの武藤さん、友人のリチャードさん、松原の3人でブルワリーを訪ね、ビール仕込みのお手伝いです。

当日はマっシング(モルト/麦芽の糖化)からお手伝いをスタート!!

マッシングは、粉砕したモルトと副原料を混ぜ、モルトに含まれる酵素によって、麦芽自体に含まれるでんぷんを糖に分解する醸造工程のことです。

 

 

 

粉砕したモルトと今回の副原料となる「青みかん」が混ざったものが「もろみ」と呼ばれ、糖化後にもろみをろ過した液体が、ビールの素になる「麦汁」になります。

 

 

 

マッシングで作られた糖は、後の発酵段階では炭酸とアルコールのもとになるので、ビール醸造ではとても大切な工程です!

私達はYoheiさんにに指導いただきながら、数十キロはあるモルトやオーツ麦の袋を抱えて、約65度のお湯が沸くタンクの中へと投入していきます。

 

 

 

タンクの中から湧き上がる蒸気と熱気(;’∀’)に眼鏡を曇らせながら、日常担ぐことがない重さの麦袋の中身をゆっくりとタンクへ注ぎ入れていきます。

ビールづくり/ その2
“煮残った高温のモルトをタンクからかき出します”

 

一旦煮上がった麦汁を次のタンクにパイプラインをつかって移動させます。 ろ過しながら移動させますが、そこでタンクの中に残るのが超高温に茹で上がったモルトです。

 

 

 

この煮上がったモルト粕をタンクからかき出す作業で、着ていた服は麦まみれになります。みなさんも体験される時はご注意ください。

そして、水分を含んだモルトの重いコト重いコト(;’∀’)。。

 

 

しかしながら、この残ったモルトが農家で再利用されることを聞いて、驚きました。 ここにも助け合いのシーンがあったのです☆彡。  飼われている馬の食事になるそうで …酔っぱらっちゃわないか心配になりましたが、、アツ!まだアルコール化してない段階のモノだから大丈夫なんですね!

 

 

 

ビールづくり道 / その3
“青みかんをカット&カット、そしてサファイヤ色のジュースが出来上がり”

 

 

 

今度は、摘果みかんをカットし、ジュースにしていきます。

みかん農家の石黒さんが絶妙なタイミングで摘むタイミングを作ってくださったので、通常の摘果みかんとくらべて、たくさんの果肉がついていて、且つ青みかんの皮(ピール)のパンチがきいた爽快な香りのすっぱ味のあるジュースがとれました。 その色がとてもきれいなサファイヤ色だったので、写真を撮っておきました!

 

 

 

ビールづくり/ その4
“ろ過・抽出(ロータリング)、そして魅惑のホップ投入”

 

青みかんジュースが出来上がる頃になると、モルトを取り除いた麦汁が煮仏用のタンクへの移動が完了していました。

 

 

 

ここからIPA(インディアン・ペール・エール)の命ともいえるホップと搾りたての青みかんジュースを投入し、再煮沸していきます。

 

 

今回は2種類/度のホップを使って味と香りのアウトラインをつくっていきます。

最初に、苦味を醸すビタリングにはアメリカ産の「ウォーリア・ホップ」を使って煮立たせます。

次に、フランス産のまだ正式名がついていない「4/8(フォー・スラッシュ・エイト)」というテストホップを使い、煮立たせずにフレーバーをつけていきますが、

4/8ホップはグレープ・フルーツ香を醸すため、

「青みかん」との相性が良いはずとYoheiさんに設計いただきました!  …とても楽しみです。

そして、

ここで、一旦タンクを落ち着かせるため、しばし休憩をとることになりましたので、この続きは次回no

「craft」でご紹介したいと思います。

 

 

長文におつきあいいただきましてありがとうございます。<(_ _)>。。

 

____________________________

□□ クラフトビールの醸造を地元愛で手伝ってくれる
       フランス人オーナーのブルワリー

ビールを醸造してくれるのは、地元平塚市のブリュー・パブ「YGGDRASIL BREWING(イグドラジルブルーイング)」さんです。

 

 

 

オーナーのダビドさんはフランス出身。 醸造所とお店の経営と並行して、海外バンドのプローモーターや、日本のバンドが海外フェスに出演する際のマネージメント業務をされています!醸造担当のYoheiさん共々、地元・湘南の方々に愛される「味づくり」「店づくり」をされている人気のブリュー・パブです。

 

 

今回の摘果みかんを使ったビールづくりについて、醸造担当のYoheiさんは、みかんの果汁を入れることを想定しながら、みかんの漬け込むなどしてピール(皮)の香りを感じる『青みかんを使ったセッションIPA』を狙ってみようかと設計してくくださいました!

 

青みかんのさわやかな香りを感じていただきたくて、IPAの苦味を抑えて、軽快に☆彡グイっと飲んでいただけるスタイルを目指します。

 

____________________________

※本クラウドファンディングで実施するプロジェクトでは、履行のために【酒類製造免許】が

必要となりますが、既に取得済の YGGDRASIL BREWING 様に委託します。

YGGDRASIL BREWING/イグドラジルブルーイング

住 所:  〒254-0806 神奈川県平塚市夕陽ケ丘44-7

____________________________